リアアクスルステアを備えたモータースポーツシャシー

シャシー

ポルシェのGT スポーツカーは、ブランド特有のドライビングダイナミクスを備えます。ニュルブルクリンクのようなサーキットとランウェイスタイルのサーキットの両方を得意とし、シャシーの安定性が試される高速走行時にも俊敏性を提供します。ニュー911 GT3のシャシーは、このようなモータースポーツの理念にしたがって製造およびチューニングされています。先代に比べて、スプリング/ダンパーの組み合わせの応答性がさらに最適化されています。リアアクスルの軽量統合補助スプリングは、例えば高速で丘の頂上を越えた後にバネが急速に伸びた場合にもメインスプリングの張力を保ちます。標準装備のリアアクスルステア、PASMアジャスタブルダンパーシステム、およびダイナミックエンジンマウントとともに、再開発されたモータースポーツシャシーが性能をさらに改善します。

アクティブなリアアクスルステアが、長期にわたって高性能911モデルの卓越したドライビングダイナミクスに寄与してきました。ニュー911 GT3の後輪の操舵角は、速度に応じて電気機械式アクチュエーターを介して各方向に1.5度まで変化させることができます。50km/h未満の速度のときには、前輪と後輪が反対の方向に動いてコーナリングのダイナミックなステアリングと俊敏性を向上させます。80km/h以上になると、前輪と後輪が同じ方向に動いて車線変更時や高速走行時の安定性を高めます。

ロードのために最適化された2つのモードを備えたPASM

ポルシェ・アクティブサスペンション・マネージメントシステム(PASM)も911 GT3に合わせて特別に調整されており、2種類のモードから選択することができます。ノーマルモードは、変化の多い路面条件やでこぼこ道で高度なドライビングダイナミクスを提供します。スポーツモードは、滑らかな道路のドライビングダイナミクスを向上させます。ボディの動きを低減することによって精確なハンドリングが可能になります。911 GT3は先代モデルからダイナミックエンジンマウントを採用しています。コーナリング時にはエンジンをしっかりとボディに固定し、ハンドリングに不要なエンジン質量による影響を排除します。

改良されたUHP(超高性能)タイヤもニュー911 GT3のコーナリング速度を高めます。245/35 ZR 20タイヤ(フロント)と305/30 ZR 20タイヤ(リア)が使用されており、フロント9インチ幅、リア12インチ幅のシルバーカラー塗装のセンターロック式鍛造軽合金製ホイールが標準装備されます。同様に標準装備されるタイヤプレッシャー・モニタリングシステム(TPM)は、タイヤ空気圧の低下を感知するとドライバーに警告します。またサーキットモードが組み込まれおり、レースのスタート時に冷間時の各タイヤの空気圧を把握します。

日常走行のためのオプション:フロントアクスルのリフトシステム

先代モデル同様に、ニュー911 GT3にもフロントを30mm持ち上げて日常の使いやすさを向上させるフロントリフトシステムがオプション装備されます。50km/hまでの速度で使用可能なこのシステムは、路面の凹凸によるボディの損傷を防ぎます。

モータースポーツ専用に設計された標準装備のブレーキシステムは、フロントに対向6ピストン式、リアに対向4ピストン式のアルミニウム製モノブロックキャリパーと、アルミニウム製ブレーキチャンバーを備えた外径380mmのコンパウンドブレーキディスクが採用されています。オプションとしてポルシェ・セラミックコンポジット・ブレーキ(PCCB)も用意されています。フロント径410mm、リア径390mmの大径ブレーキディスクを備えたPCCBは、ブレーキ性能と耐磨耗性をさらに高めます。

next item
エアロダイナミクスの改善と軽量化
previous item
最速ラップタイムのためのデュアルクラッチトランスミッションと純粋主義者のためのマニュアルトランスミッション