モータースポーツエンジンとさらなる性能を備えたニュー911 GT3

概要

ポルシェ911GT3は、モータースポーツにおける高性能、体系的な軽量設計、そして純粋なドライビングエクスペリエンスを提供します。この最新鋭のニューポルシェ911 GT3では、日常的な公道走行とサーキットの間のつながりがさらに緊密になっています。911 GT3に搭載される4リッターの水平対向エンジンは、最高出力368kW(500PS)を発生する高回転型の自然吸気エンジンで、純血種のレーシングカーである911 GT3カップのエンジンがほとんど仕様変更されることなく使用されています。リアアクスルステアを装備し、体系的な軽量構造で再設計されたシャシーは、エンジンのパワーを最高のドライビングダイナミクスに変換するため特別にチューニングされています。標準装備のポルシェPDKトランスミッションに加えて6速スポーツマニュアルトランスミッションも初めてオプションとして用意されています。

エンジン 4リッターの自然吸気エンジンが先代を25PS上回る最高出力368kW(500PS)と、先代を20N・m上回る最大トルク460N・mを発生します。より高いエンジン回転数を得るために細心の注意を払って最適化された6気筒エンジンは、スポーツ走行に理想的な9,000rpmに達します。
性能 3.88kg/kW(2.86kg/PS)のパワーウエイトレシオはモータースポーツレベルに匹敵します。この高性能911の0-100km/h加速タイムは3.4秒をマークし、最高速度はPDK仕様車が318km/h、マニュアルトランスミッション仕様車では320km/hに達します。
パワートレイン 標準装備の7速PDKはサーキットのために最適化されています。軽量な6速マニュアルトランスミッションをオプション装備することもできます。どちらもリアディファレンシャルロック(PTV Plus/PTV)が組み合わされています。
シャシー 最適化されたスプリングとダンパーのチューニングが横方向のダイナミクスを改善し、ポルシェ・アクティブサスペンション・マネージメントシステム(PASM)が快適性とスポーツ性の完璧なバランスを提供します。リアアクスルステアはコーナリングの俊敏性を高め、高速走行時の安定性も保証します。
デザインとエアロダイナミクス ポルシェGTスポーツカーの特徴的なアイコン装備で、先代より20mm高く設置されたカーボン製リアウイングがダウンフォースを高めます。軽量化のためにポリウレタンを使用したフロントエンドとリアエンドは、エアロダイナミクスが最適化されています。
インテリア GTスポーツステアリングホイールとサイドサポートを強化したスポーツシート・プラスが真の911 GT3の走行体験を提供します。ロールケージ、6点式シートベルト、および消火器を含むオプションのクラブスポーツパッケージも用意されています。
インフォテイメント 標準装備されるポルシェ・トラックプレシジョンアプリは、スマートフォン上でラップタイムなどの詳細なパフォーマンスデータをドライバーに提供します。PCMに標準装備されるコネクト・プラスモジュールでインターネットに接続。さらにポルシェ・コネクトサービスにアクセスすることもできます。
生産 911 GT3はレーシングカーと同じテストサーキットで開発、かつ同じ生産ラインで製造されています。
next item
ロードとサーキットのための911:ニューポルシェ911 GT3