ポルシェ・コミュニケーションマネージメント – 使いやすいインフォテイメント

オンラインナビゲーションモジュール、ボイスコントロール、およびポルシェ・コネクトを統合するポルシェ・コミュニケーションマネージメントシステム(PCM)がニュー911カレラGTSモデルに標準装備されます。PCMはスマートフォン同様に7インチスクリーンのマルチタッチジェスチャーで操作し、手入力も認識します。携帯電話やスマートフォンをWi-Fi接続することも可能です。センターアームレストに統合されたスマートフォンのストレージコンパートメントは、携帯電話の電波受信に最適な場所です。

リアルタイム交通情報によって迅速で信頼性の高いナビゲーションが可能です。交通状況の概要をドライバーに伝えながら、ダイナミックなルート調整も行います。その他の多数のポルシェ・コネクトサービスを使用することができます。各国と各車両で使用可能なコネクトサービスについての詳細はwww.porsche.com/connectをご覧ください。

スポーツクロノパッケージも標準装備されます。このパッケージには、ダッシュボードのアナログストップウォッチとメータパネルのデジタルストップウォッチに加えて、PCMのパフォーマンスディスプレイも含まれます。ニューGTSモデルには、強化されたポルシェ トラックプレシジョンアプリが初めて標準装備されます。このモータースポーツ由来のスマートフォンアプリは、車両システムに直接接続して、世界中のサーキットから得られた情報を自動的に記録・表示し、その情報を詳細に分析します。ドライバーは全世界の130ヶ所のプリセットされたサーキットで自分のラップを記録することができます。サーキットがプリセットされていない場合は、自分でアプリに追加することも可能です。

車両がサーキットを走るとき、アプリは直接スマートフォンにドライビングダイナクミスを表示します。セクションとラップタイムに加えて、基準ラップからの偏差もダイナミックに表示します。これを行うために、アプリは、PCMからの正確なGPS情報と一緒に高精度な車両データを使用します。ドライビングデータのグラフ分析とビデオ分析がドライビングパフォーマンスの継続的な改善をサポートします。ビデオ分析は、スマートフォンのカメラを使用して、ダイナミックなドライビングデータによって画像を補足します。2つ目の外部カメラを追加すれば、走行中に別の視点の画像を補足することも可能です。ドライビングデータの分析や他のラップタイムとの比較によって、ドライバーは最適なブレーキポイントや理想的なレースラインを迅速に確認することができます。アプリによってラップタイムの音声による読み出しや、ソーシャルネットワークを介した友人との記録の共有も可能です。さらに、記録されたビデオ分析とドライバーデータは、エクスポートして、自宅のPCで追加のソフトウェアを使用して綿密に分析することができます。走行中の心拍数の計測とさらなる分析のための記録など、Apple Watchのオーナーのための追加機能も用意されています。

next item
オプションのアシスタンスシステム – 性能の強化に見合った安全性の向上
previous item
デザインとエアロダイナミクス – よりシャープなラインとさらに大きなダウンフォース