ラグジュアリーセグメントに新しい多用性をもたらすパナメーラ スポーツツーリスモ

概要

パナメーラ スポーツツーリスモは全く新しいポルシェの誕生を告げています。このアバンギャルドなデザインとボディコンセプトによってラグジュアリーカーセグメントに新しい水準の多用性を加えます。このスポーツツーリスモは、ショートホイールベースとロングホイールベースによる第2世代パナメーラ スポーツサルーンの2016年のデビューに続き、モデルライン3番目のボディ仕様となります。パナメーラ スポーツツーリスモは、大型テールゲートを備えた独創的なリアセクション、低いローディングエッジ、大きなラゲッジコンパートメント容量、そして4+1シートコンセプトを特徴とします。同時に、新しいポルシェのオールラウンダーは、2009年のデビュー以来パナメーラの世界的ヒットの要因となる快適性とスポーツ性を見事に結合します。パナメーラ スポーツツーリスモには、大きなトルクと効率性を備えた6気筒および8気筒ターボエンジンを搭載する最高出力243kW(330PS)から404kW(550PS)までのガソリン、ディーゼル、およびプラグインハイブリッドの5つのバージョンが用意されています。パナメーラ スポーツツーリスモ全モデルに、アクティブ4WDシステムのポルシェ・トラクション・マネージメントシステム(PTM)と8速ポルシェ・ドッペルクップルング(PDK)が標準装備されます。

最大の俊敏性を保証するリアアクスルステアとロール抑制システム

パナメーラ スポーツツーリスモは、パナメーラ モデルラインの全ての技術革新を採用します。そこには、デジタル式ポルシェ・アドバンストコックピット、先駆的なアシスタンスシステムのポルシェ・イノドライブ(アダプティブクルーズコントロールを含む)、リアアクスルステアなどのシャシーシステム、アクティブ制御によるロール抑制システムのポルシェ・ダイナミックシャシー・コントロール・スポーツ(PDCCスポーツ)などが含まれています。さらに、5つのうちの4つのバージョンにアダプティブエアサスペンションが標準装備(パナメーラ4スポーツツーリスモにはオプション装備)されます。

アバンギャルドなデザインのオールラウンドスポーツカー

スポーツツーリスモは、クーペスタイルのパナメーラ スポーツサルーンと同様に、非常にダイナミックなプロポーションによって特徴づけられています。全長5,049mm、2,950mmのホイールベースとボディオーバーハングは同様にショートです。スポーツツーリスモは全幅が1,937mm、全高は1,428mm(ターボは1,432mm)です。ゆったりとした車内にもかかわらずこのサイズのおかげでセグメントの他のラグジュアリーサルーンよりボディがワイドで低いため、非常にスポーティなルックスを備えます。ポルシェのチーフデザイナーを務めるミヒャエル・マウアーは、パナメーラ スポーツツーリスモのBピラーからその後方にかけて完全に独自のデザインを与えました。これによって、ポルシェ デザインのDNAに基づきながらもスポーツサルーン同様にカリスマ的かつ完璧なモデルに仕上がっています。両モデルの均質な個性は、デザインが並行して開発されたことから生まれました。大型のテールゲートを備えたパナメーラ スポーツツーリスモは、力強いショルダーによって特徴づけられています。長く伸びたルーフラインと際立つウインドウラインも特徴的です。ルーフ後部はウインドウラインよりもなだらかに下降してスポーティで紛れもないDピラーへと溶け込みます。

セグメント初のアダプティブなエクステンディブルルーフスポイラー

ルーフは、テールゲートからポルシェ・アクティブエアロダイナミクス(PAA)の主要コンポーネントであるアダプティブスポイラーへと移行します。ルーフスポイラーの角度が走行条件と選択した車両設定に応じて自動的に3段階にセットされ、リアアクスルに50kgのダウンフォースを追加します。170km/h以下のときは-7度の角度で空気抵抗を抑えて燃費を最適化します。170km/hの速度を超えるとルーフスポイラーは自動的に+1度の“パフォーマンス”ポジションに移動し、走行安定性と横方向のダイナミクスを高めます。オプションのパノラミックスルーフを開くと、ルーフスポイラーの角度が再び調節されてリアアクスルのダウンフォースのロスを補います。

再設計されたリアの3シート

ニュースポーツツーリスモは3リアシートを備えた初のパナメーラです。最高の乗員快適性を備えたスポーツ性能というモデルラインの要求に合わせて、両側の2つのシートが独立した2+1のリアシート構成を備えます。パナメーラ スポーツツーリスモのオプションには、電動調節式の2つの独立リアシートを備えた4シート構成も用意されています。

最大約50リッターのラゲッジ容量の追加(最大1,390リッターの収納スペース)   

スポーツツーリスモのリアまで延びた高い位置のルーフラインが後席の乗降を容易にし、広いヘッドスペースも確保しています。ラゲッジコンパートメントの実用性もこの長いルーフラインからメリットを受けます。ワイドな開口部の電動開閉式テールゲートが標準装備され、わずか63cmの高さのローディングエッジも便利です。リアシート上端まで荷物を積み込むと ラゲッジコンパートメントの容量は520リッター(パナメーラ4 E-ハイブリッド スポーツツーリスモは425リッター )で、スポーツサルーンを約20リッター上回ります。リアシートは、全部または個別(40:20:40分割)にラゲッジコンパートメントから電動でロック解除して格納することができます。全てのバックレストを格納するとほぼ平なローディングフロアとなり、ルーフレベルまで積み込むと、ラゲッジコンパートメントの容量は1,390リッターまで拡張されます(パナメーラ4 E-ハイブリッド スポーツツーリスモは1,295リッター)。これは、50リッターの容量増加に匹敵します。

パナメーラ スポーツツーリスモには、オプションでロードスペースマネージメントシステムが用意されています。広範な荷物を固定して輸送するこの多用途なシステムには、ローディングフロアに統合された2本のレール、4ヵ所のラッシングポイント、およびパーティションネットが含まれます。助手席足元のラゲッジネットとラゲッジコンパートメントの2つのラゲッジネットによるストレージパッケージを追加することもできます。通行者の視線からラゲッジコンパートメントを隠すリトラクタブルラゲッジコンパートメントカバーが標準装備されます。走行中に電気機器を充電するためにオプションの230V電源ソケットをラゲッジコンパートメントに取り付けることも可能です。また、後席の2つの標準装備のUSBを使用してスマートフォンやタブレットの充電もできます。

発売時の5つのエンジン

パナメーラ スポーツツーリスモは、数ヵ国ですでに注文を受け付けています。2017年秋には欧州市場での発売が予定され、11月末にその他の市場での発売が続きます。ポルシェは、パナメーラ4スポーツツーリスモ(243kW/330PS)、パナメーラ4 E-ハイブリッド スポーツツーリスモ(340kW/462PS)、パナメーラ4Sスポーツツーリスモ(324kW/440PS)、パナメーラ4Sディーゼル スポーツツーリスモ(310kW/422PS)、そしてパナメーラ ターボ スポーツツーリスモ(404kW/550PS)の5つのパワートレインバージョンによって発売を開始します。

next item
ラグジュアリークラスのための新しいデザイン
previous item
アバンギャルドなデザインと4+1シートコンセプト