パフォーマンスと快適性の幅広いバランス

シャシーとシャシーシステム

パナメーラのシャシーは、総合コンセプトに合わせてラグジュアリーサルーンの乗り心地と真のスポーツカーのパフォーマンスを兼ね備えています。この基本的なシャシーレイアウトを補って完全なものにしているのが、快適性とパフォーマンスを最大限に高めるために設計された豊富な革新的システムです。こうしたアシストシステムと利便性向上システムのほぼ全てが、ニューパナメーラ ターボS E-ハイブリッドにおいては標準装備の一部です。その中には、ポルシェ・アクティブサスペンション・マネージメントシステム(PASM)を含むアダプティブエアサスペンション、ポルシェ・トルク・ベクトリングプラス(PTV Plus)を含むアクティブ制御のロール抑制システムであるポルシェ・ダイナミックシャシー・コントロール・スポーツ(PDCC Sport)、およびポルシェ・セラミックコンポジット・ブレーキ(PCCB)が含まれます。ホイールベースが延長されたパナメーラ ターボS E-ハイブリッド エグゼクティブでは、リアアクスルステアが標準装備されます。ポルシェは、リアアクスルステアを組み込むことで、スポーツカーのステアリング精度とハンドリング特性をラグジュアリーサルーンクラスに持ち込みます。パナメーラの全モデルでは、統合されたポルシェ4Dシャシーコントロールシステムが、全てのシャシーシステムをリアルタイムに分析して同期させ、ハンドリングの最適化に使われるデータを提供します。

調和のとれたアクスルコンセプトがベース

ポルシェは、パナメーラのフロントに、鍛造アルミニウム製ウィッシュボーンと中空アルミニウム製軽量ピボットベアリングを備えるダブルウィッシュボーンサスペンションを装着しています。下部ウィッシュボーンの油圧減衰式エラストマーベアリングは、快適性を高めるように設計されています。ピボットベアリングへのスタビライザーリンクによって、快適性を最適化したシングルチューブダンパーの使用が可能になります。電気機械式ステアリングと組み合わされる高強度アルミニウム製サブフレームは、ダイナミックなパフォーマンスと俊敏なハンドリングを保証します。リアアクスルには、鍛造アルミニウム製上部ウィッシュボーンと中空アルミニウム製下部ウィッシュボーンを備える軽量マルチリンクサスペンションが装着されます。ここでも、アクスルとエラストマーの動きを最適化することで、俊敏性、精確さ、快適性が向上しています。

パナメーラ ターボS E-ハイブリッド エクスクルーシブに標準装備されるリアアクスルステア

パナメーラ ターボS E-ハイブリッド エクスクルーシブには、リアアクスルステアが標準装備されます(ショートホイールベースモデルの場合はオプションです)。50km/hまでの低速域では、走行速度に応じてフロントホイールと反対の方向にリアホイールを最大2.8度の操舵角まで操舵します。これはホイールベースを短くした場合と同様の効果をもたらします。これによりダイナミックなコーナリングが実現するとともに、狭い場所での駐車操作が容易になります。約50km/hを超える速度域では、リアホイールはフロントホイールと同じ方向に操舵され、操舵角は走行速度に応じて変化します。ここでリアアクスルステアはホイールベースを延長するのと同じ効果をもたらし、高速道路で車線変更を行う際などに走行安定性を高めます。リアアクスルステアは、ドライビングダイナミクスを最適化するアクティブセーフティシステムであると同時に、低速域での必要な操舵角を少なくすることによって快適性も高めます。さらにリアアクスルステアを装着することで、フロントアクスルのステアリングレシオがよりダイレクトなものになり、極めてスポーティなステアリング体験がもたらされます。

統合されたポルシェ4Dシャシーコントロール

ポルシェ4Dシャシーコントロールは、集中制御のネットワークシステムです。現在の走行状況を3次元(前後G、横G、垂直G)で解析し、その結果を用いて走行状態に関する最適な情報を計算し、その情報を全てのシャシーシステムで一様かつリアルタイムに、すなわちシャシー制御における第4の次元で利用できるようにします。この結果、差し迫った走行状況に対して、各システムが一体となって反応することができます。たとえば、コーナーにダイナミックなステアリング操作で進入する場合、電子制御ダンパーシステムのPASM、アダプティブエアサスペンション、リアアクスルステア、PTV Plus、およびPDCC Sportが協調して働くことで、最適なステアリング挙動、傑出した俊敏性と安定性が保証されます。コーナーに向けてステアリングを切り始めると、ポルシェ4Dシャシーコントロールが直ちにシャシーシステムへ信号を送ります。これにより、各システムは、即座に反応して最大限のコーナリング性能を保証することができます。

ポルシェ・アクティブサスペンション・マネージメントシステム(PASM)

標準装備のポルシェ・アクティブサスペンション・マネージメントシステム(PASM)は、電子制御ダンパーシステムです。収集した情報を用いて各ホイールのサスペンションを調節することにより、路面状況とドライビングスタイルに対応します。最新のパナメーラに装着されるダンパーは、応答性も高められ、快適性とスポーツ性のバランスが細かく調整されています。ドライバーは、「ノーマル」、「スポーツ」、「スポーツ・プラス」の3種類のモードから選択することができます。PASMが利用するセンサーは、急加速時、制動時、高速コーナリング時、または荒れた路面を走行する際の車両の動きを検知します。PASMは、収集した情報をポルシェ4Dシャシーコントロールに送信します。4Dシャシーコントロールは、現在の走行条件を判定し、作動中のモードに応じてPASMのダンパーの固さ、ならびにアダプティブエアサスペンションのダンピング特性およびスプリングレートを設定します。4Dシャシーコントロールは、他の電子制御シャシーシステムの制御パラメーターも調節します。その結果、車両の安定性、パフォーマンス、快適性が高まります。

PASMを含むアダプティブエアサスペンション

パナメーラ ターボS E-ハイブリッドには、アダプティブ3チャンバーエアサスペンションシステムが標準装備されます。このアダプティブエアサスペンションは、とりわけ快適性の面で新たなベンチマークを打ち立てており、初代パナメーラのエアサスペンションに比べて大幅な改良がなされています。現在のシステムは、スプリングストラット1本あたりの可変エアチャンバーの数を3つにすることで空気量を約60%増加させているため、スプリングレートの変更範囲が大幅に拡大しています。加速時や制動時、またはロールを抑えるときなどには必要に応じてスプリングレートを瞬時に電子制御で変化させることができるため、シャシーは快適性を高めるために標準のスプリングレートをより柔らかめに設定することが可能です。

エアサスペンションには、よく知られたセルフレベリング機能という利点があります。ノーマルレベルに加えて、リフトレベルとローレベルが用意されています。リフトレベルはシャシーを20mm持ち上げるので、地下駐車場への進入時などでフロントスポイラーの破損を防止するのに役立ちます。ローレベルでは、フロントアクスルが28mm、リアアクスルが20mm下がるため、高速走行時の完璧なロードホールディングを実現し、エアロダイナミクスを改善します。

アクティブ制御によるロール抑制システム:PTV Plusを含むPDCC Sport

ポルシェ・ダイナミックシャシー・コントロール・スポーツ(PDCC Sport)は、電気機械式スタビライザーの統合によってドライビングダイナミクスを最適化します。このシステムは油圧アクチュエーターを備えた従来のシステムよりもはるかに素早く反応し、スタビライザーを硬化してボディのロールを押さえます。ポルシェはパナメーラにおいてPDCC Sportにポルシェ・トルク・ベクトリングプラス(PTV Plus)を組み合わせます。電子制御リアディファレンシャルが駆動トルクを左右のリアホイールに可変配分する一方で、ホイールごとにブレーキをかけてリアアクスルに追加のステアリングトルクを生み出します。その結果、操縦性がよりいっそう俊敏になります。さらにPTV Plusは、コーナー出口の加速時にディファレンシャルをロックすることでトラクションを体感できるほど向上させます。

next item
ニューパナメーラのデザインはポルシェ911との架け橋
previous item
ネットワーク化されたインテリジェンス:ナイトビジョンアシスタントとポルシェ・イノドライブ