最もパワフルなパナメーラ、ターボS E-ハイブリッド

ハイライト

  1. モデルラインのフラッグシップ。
    ターボS E-ハイブリッドは、モデルラインのフラッグシップとしてプラグインハイブリッドドライブを選んだ初めてのモデルです。

  2. 911のような加速。
    新しいプラグインハイブリッドドライブは850N・mのトルクを発生し、グランツーリスモを4秒で100km/hに到達させます(エグゼクティブ:3.5秒)。

  3. 918スパイダーから着想を得る。
    ブーストプログラムは918スパイダーから採り入れました。エレクトリックドライブはエネルギー効率に優れるだけではなく、さらなる推進力ももたらします。

  4. 持続可能なエネルギー利用。
    パナメーラ ターボS E-ハイブリッドの新ヨーロッパ走行サイクル(NEDC)に基づく燃料消費量は9リッター/100km、電力消費量は16.2kWh/100kmです。

  5. ゼロエミッション走行。
    電動航続距離が50km/h(NEDCに基づく)のパナメーラ ターボS E-ハイブリッドは、電気駆動のみでこの距離を走ることができます。

  6. 拡張された装備範囲。
    トップモデルを特徴付けているのが、エアサスペンション、セラミックブレーキ、21インチホイール、アクティブシャシー、BOSE® サウンドシステムなどを含む大幅に拡張された標準装備です。

  7. 4WDを標準装備。
    ニューパナメーラ ターボS E-ハイブリッドは、アクティブ制御の4WD(ポルシェ・トラクション・マネージメントシステム)を標準装備しています。

  8. 2種類のホイールベース。
    ホイールベースを延長したパナメーラ ターボS E-ハイブリッドのエグゼクティブモデルが、中国では標準仕様車として、その他の市場ではオプションとして用意されます。
next item
918スパイダーのドライブコンセプトを採用したパナメーラの新しいトップモデル