中国専用:ポルシェ パナメーラ エグゼクティブ

ロングホイールベースラグジュアリーサルーンのエントリーバージョン

2017年10月以降、スポーツサルーン パナメーラの新しいロングバージョンを中国市場専用に発売します。最高出力243kW(330PS)を発生する3リッターV6ターボエンジンを搭載した後輪駆動のニューパナメーラ エグゼクティブは、拡張およびカスタマイズされた標準装備を魅力的な価格で提供するエグゼクティブバージョンとなります。エグゼクティブモデルは、微細ながら優美なエクステリアの装飾によって識別されます。両サイドのドアシルには、フロントフェンダーのエアアウトレットトリムにマッチしたハイグロスシルバーのストリップが追加され、フロントのエアインテークにもハイグロスシルバーのデコラティブストリップが付加されます。さらに、中国市場向けニューパナメーラは、Cピラーにシルバーの“Executive”ロゴが装着されます。

ロングホイールベースのパナメーラ全モデルに、透明なパノラミックルーフが標準装備されます。このルーフは全長1,780mm、全幅1,200mmで、これまでポルシェに装備された最大のガラスルーフとなります。ルーフ前部のチルトアップと全開が可能です。透明ルーフを車内にある2枚のブラインドで覆うこともできます。

さらに、4つのエグゼクティブ全モデルに、ポルシェ・アクティブサスペンション・マネージメントシステム(PASM)を含む3チャンバーテクノロジーのアダプティブエアサスペンションが装備されます。拡張された標準装備には、リアのマルチウェイ電動調節式コンフォートシートとコンフォートヘッドレスト、フロントとリアのシートヒーター、および後席ヘッドレスト後方のロールアップサンブラインドが含まれます。オプションのマッサージ機能も4つの全てのシートに用意されています。これは5つのプログラムと5段階の強さから選択してスイッチを押すと、各バックレストの10個のエアクッションが背中を揉みほぐします。標準装備されるリアのサイドアエバッグが高水準の安全性を保証します。追加のスマートフォンスロットとインダクティブアンテナインターフェースを備えた大型センターコンソールはエグゼクティブモデルのために特別に設計されています。このセンターコンソールはオプションで注文することができます。

ハイエンドタブレット付きポルシェ・リアシートエンターテイメント

リアシートのハイライトがオプションのポルシェ・リアシートエンターテイメント(RSE)です。特にショーファーサルーンとして使用される場合は、リアシートエンターテイメントの卓越した接続性によって、パナメーラ エブゼクティブの後席に便利なハイテクの仕事場が生まれます。家族と一緒の長距離走行時には、若いパッセンジャーもオプションの多機能な装備で楽しむことができます。

ポルシェ・リアシートエンターテイメントの中心は2台の10.1インチタッチスクリーンです。フロントシートのバックレストに取り付けたこれらの高解像度反射防止ディスプレイ(1,920×1,200ピクセル)は、車外でも使用できます。ディスプレイは、パナメーラのインテリアにマッチする頑丈で高品質なデザインの2台の機能的なタブレットです。

Androidオペレーティングシステムを使用するパナメーラのリアシートエンターテイメントは、32 GBの内蔵フラッシュメモリーを備え、micro SDカードで拡張することが可能です。タッチスクリーンにはビデオ通話とチャットのためのカメラも装着されています。サウンドは、タッチスクリーンのスピーカー、車両サウンドシステム、またはポルシェBluetooth®ヘッドフォンで再生されます。

広範なデジタルソースの使用が可能で、SDカード、Jukebox、CD/DVDドライブ、USBスティックでPCMメディアにアクセスできます。後席乗員は、ラジオとオプションのテレビチューナーの操作や、現在のナビゲーションルートと追加情報、車両データの表示も可能です。ポルシェ・リアシートエンターテイメントは、ポルシェ・コミュニケーションマネージメント(PCM)のナビゲーションシステムの目的地の入力もできます。

next item
ダイナミック、快適、そして効率的 – ニューポルシェ911 GTSモデル
previous item
長距離にわたる高性能とゆったりとしたスペース:ターボS E-ハイブリッド エグゼクティブ