展示コンセプト

概要

展示エリア自体はわずか3つの強化コンクリート製のコアで支持される鉄骨構造で(梁間は最長で60 m)、宙に浮かんでいるかのように見える大胆なデザインになっています。内部には入念に練られた展示プランに従い、ヒストリックカーのほかに約200点の展示品が陳列されています。

来場者の皆様には展示品をひとつひとつご覧いただくことで、ポルシェのプロダクトの歴史をたどっていただきます。ここではポルシェならではの特徴である「スピード」、「軽量化」、「インテリジェント」、「パワー」、「徹底」、「継続性」を通じ、「ポルシェの理念」をご紹介します。これこそ、ポルシェが自動車の製造で直面する根源的な課題を、画期的な技術で克服する際の原動力となった基本原則です。

ポルシェのプロダクトやモータースポーツの歴史は、展示全体を通じた共通のテーマである「ポルシェの理念」によって強調されています。構内では専用ハンドセットを使った8ヶ国語によるモバイルオーディオガイドを利用することができます。このハンドセットでは、子どもにもわかりやすい言葉による解説、または大人向けの詳しい解説を選ぶことができます。またさらに、来館者はショートフィルムを通じてより詳細な情報を得ることができます。

ポルシェ・ミュージアムでは、「発見の場」というアプローチに基づいたきらびやかな展示を行わないことも、そのコンセプトのひとつに含まれています。展示されているスポーツカーそのものが、来場者の皆様に何かを伝えるようにしなければならないと考えています。来場者の皆様は長いエスカレーターで建物の上層階に設けられた展示スペースへ向かいます。そして時代を追ってポルシェの歴史をたどりながら構内全体を移動します。

展示エリアの入り口を飾るのは、フェルディナンド・ポルシェが1898年に初めて造り上げたモデル、“エッガー-ローナー電気自動車、C.2フェートンモデルです。常設展示物の中では中心的な存在であるこの車両は、ポルシェの歴史を語る序章となっています。

next item
「1948 年以前のポルシェ」