“Interactivity”

More interactivity for visitors in the permanent exhibits

インタラクティビティ

Very much a living museum, the Porsche Museum is continually working to further develop its viewing collection. At the end of a tour of the exhibits, there is now an interactive “Porsche Touchwall” that invites visitors to research the company’s history in a playful way. When the visitor approaches the 12-metre long touchwall, the intelligent person tracking system opens the wall’s contents level which enables virtual time travel through nine decades of automotive history. Visitors can browse through the wall’s collection of over 3,000 photos, drawings, posters and advertisements of the period of 1931 to the present – including an extensive selection of images and technical data about nearly all street vehicles and race cars that sport the Porsche logo.

New contents are imported and added daily – fully automatically – via the wall’s interface to the database of the historical archives. Another special feature is navigation by touch frames, which allow several different visitors to control the media simultaneously with multi-touch gestures. Even the smallest of details can be viewed using the zoom function. What seems so playfully easy to visitors is actually an exceptional piece of high-tech wizardry. The 20 full-HD 55” displays with natively prerecorded content are driven by five graphic PCs with a 3D real-time application that also enables functions such as moving images over the entire length of the touchwall.

Another new highlight of the permanent exhibit is the interactive sound installation “Porsche in the Mix” which is a unique type of exhibit worldwide. Here, the visitor first chooses a favourite from seven vehicle models. The exhibit plays back the characteristic sounds of vehicles ranging from the 356 to the 911 and up to the 918. The visitor can then activate and deactivate eight additional sounds via a touchscreen. Sounds like indicators lights, doors closing and engine sounds are integrated into the “base track”. This progressively leads to a complete composition. The sound sources are based on original Porsche vehicle sounds that are visualised by video and animations on the wall surface. The LED sound level indicators hover in the space and vary in height and movement according to the vehicle sound and its volume. Finally, visitors can compose their own musical piece and send it home by email. “Porsche in the Mix” gives visitors a dynamic, audio-visual experience that lets them experience the Porsche brand emotionally in a unique way.

Multimedia Guide

In future, modern channels will be increasingly used to enhance the presentation of Porsche’s origins and its experience in vehicle construction. The Porsche Museum now has a new multimedia guide. The previous audio clips have been expanded to include 5,000 pictures and 700 films of all exhibits in the permanent exhibition, which can be accessed via a high-resolution touch display. As a result, visitors will be able to immerse themselves even more deeply into the sports car manufacturer’s history in the future. The guide is available in the following languages: German, English, French, Spanish, Italian, Russian, Japanese and Chinese. A children’s version is also available for our younger visitors.

展示会を一回りすると、最終地点に「ポルシェタッチウォール」が設置されており、来館者は企業の歴史をマルチメディア方式でリサーチすることができます。 12メートルもの高さがあるタッチウォールに近づくと新しい画面が開き、90年に及ぶ自動車産業とポルシェの歴史をバーチャルにタイムトラベルできるようになっています。 来館者は1931年から現在までの写真、設計図、ポスターそして広告など合計3,000点以上をくまなく探索できます。ここには、ポルシェのエンブレムが付いたほぼすべての一般道路用車両およびレーシングカーに関するテクニカルデータも併記された膨大な画像資料も含まれています。         

このインスタレーションのインターフェースはヒストリーアーカイブのデータベースに接続されており、新しいコンテンツが毎日自動的にインポートされ表示できるようになっています。 もう一つの特徴は、複数の来館者が同時にマルチタッチジェスチャーでメディアを操作できる、タッチフレームを介したナビゲーションにあります。 ズーム機能を使用すれば、微細なディテールを観察することもできます。 来館者には単純に見えるこのシステムには、実は最先端技術が採用されています。 3Dリアルタイムアプリケーションを搭載したグラフィックコンピューター5台が55インチのフルHDディスプレイ20台を制御し、画像をタッチウォールの端から端まで移動させる機能などを実現しています。

また、常設展示におけるハイライトは、世界でも他に例のないインタラクティブな音響インスタレーション「Porsche in the Mix」でしょう。 ここで来館者は、7種の車両モデルから好きなモデルを選択します。 356から911そして918まで、各モデルの特徴的なサウンドが再生されます。 さらにタッチスクリーンで、この他にも8種類の音をオン・オフにすることができます。 ターンインジケーターやドアを閉める音、あるいはエンジンサウンドが一つの楽曲へ組み込まれていきます。 このようにして、次第に一つの作品を完成させることができます。 すべての音源はオリジナルのポルシェ車両が発する音を起源としており、ビデオやアニメーションを通して壁に可視化されます。 空間にはLED音量インジケーターが浮かんでおり、自動車の音や音量に応じて高さや動きが変化します。 最後に、自分で作曲した楽曲をEメールで自宅へ送信することもできます。 「Porsche in the Mix」は、ポルシェブランドをユニークな方法で体感できる、ダイナミックで視聴覚的な体験と言えるでしょう。

マルチメディアガイド

最新鋭のチャンネルを充実させることにより、今後はポルシェの由来そして自動車産業におけるポルシェの知識を紹介していきます。 それに伴い、ポルシェ・ミュージアムでは新しいマルチメディアガイドを導入しました。 既存のオーディオガイドだけでなく、常設展におけるすべての展示品に写真5,000枚ならびに動画700本が新たに加わり、高解像度のタッチディスプレイで呼び出すことができます。 このため、来館者はこのスポーツカーメーカーの歴史にさらに深く触れることができるようになりました。 このガイドは、次の言語に対応しています: ドイツ語、英語、フランス語、スペイン語、イタリア語、ロシア語、日本語、中国語。 また、お子様向けにはキッズバージョンもご用意しています。

previous item
特別展示