ポルシェ – Eモビリティーのパイオニア

最初の成果がエッガー・ローナー電気自動車のC.2フェートンモデルでした。1898年、フェルディナンド・ポルシェは、自らが設計したベベルギアディファレンシャル付の電気モーターをk.u.k. Hof-Wagen-Fabrik Lohner & Co.のシャシーに搭載しました。この車はフロントアクスルステアリングで、8角形のハウジングによって「オクタゴン」と命名されたモーターは、最高出力3-5PSを発生し、車両後部の約550kgのバッテリーが電気を供給しました。最高速度25km/h、1回の充電で6時間までの走行が可能でした。このモデルには機械式のバンドブレーキと電気ブレーキが備わっていました。車両の速度は、12速の「コントローラー」で制御しました。

その後まもなくして、フロントのホイールハブに取り付けた電気モーターを動力源とする「ローナー・ポルシェ」という名前の電気自動車がこれに続き、1900年のパリ万国博覧会で評判を呼びました。そしてフェルディンド・ポルシェは常に印象的な方法で彼の革新的力を披露しました。4基のホイールハブ電気モーターを備えたレーシングカーは、世界初の4WDパッセンジャーモデルであり、4ホイールブレーキシステムを持っていました。フェルディナンド・ポルシェのパイオニア精神は次のアイデアにも表れています。パリ万国博覧会が開催された1900年、ポルシェは、バッテリーで作動するインホイールモーターとガソリンエンジンを組み合わせたのです。こうしてシリーズ式ハイブリッドシステムの原型が誕生しました。

フェルディナンド・ポルシェは、世界初の実用的なフルハイブリッドカーである「センパー・ヴァイヴァス」を製造することで、新しい技術的領域に乗り出しました。この車では、ガソリンエンジンに接続された2つのジェネレーターがホイールハブ電気モーターとバッテリーに電気エネルギーを供給する発電ユニットとしても機能します。フェルディナンド・ポルシェは、ハイブリッド駆動のコンセプトをローナー・ポルシェ「ミクステ」と1906年の「メルセデス・エレクトリック」で市販に向けた準備をしました。

ポルシェは、フェルディナンド・ポルシェによる最初のハイブリッドカーから115年を経て、この革新的な駆動テクノロジーの進路を次の論理段階へと進めました。今日、ポルシェはプラグインハイブリッドシステムを備えた3台のモデル(カイエンS Eハイブリッド、パナメーラS Eハイブリッド、918スパイダー)によって、自動車業界の頂点に立っています。