すべてが特別な場所

貸イベントルーム

ミュージアム4階には広々とした多目的フロアが設けられています。このフロアは事前にご予約いただくことで、あらゆる規模の各種催し物にご利用可能です。

床面積600 m2におよぶこのフロアは、さまざまな会合やセミナー、会議、講演会、映画の試写会やコンサートにご利用いただけるように、ビデオ会議システムや大型スクリーン、同時通訳ブース、エフェクトスピーカーなど、最新のメディア機器・設備を備えています。座席の数に合わせてスペースを最適な広さにできるように、移動式のパーティションウォールもご用意しています。

頭上には青い空

会議およびイベントフロアの隣には、ガラスのパーティションウォールをはさんで広さ800 m2のルーフテラスが設けられています。この広々としたテラスは、車両の発表や各種パフォーマンスなどの特別な催し物向けに用意された屋外空間です。

他とは違ったミュージアム訪問

23,000馬力(17,151 kW)を上回るパワーを背景に、忘れられない体験となる催し物を開くための設備は、イベントフロアだけではありません。ポルシェ・ミュージアムではあらかじめご予約いただくことで、午後6時以降、展示スペースを貸し切りにすることもできます。お客様をミュージアムツアーに招いても、自由に展示スペースを巡って個別にオーディオガイドで解説を聞いていただいても、それは催しを企画した方のご自由です。普段のにぎやかさから開放されたロビーはお客様を招いた催しのスタート、またはゴール地点に最適な場所です。

朗読会、サイン会、握手会、コンサートならびにデザインショーや書籍の発表会は、展示館の中心部で開催されます。

これまでのサイン会では、ラリードライバーのヴァルター・ロールほか、マルク・リープ、リヒャルト・リーツ、ヨルク・ベルクマイスター、パトリック・ロング、ティモ・ベルンハルトそしてロマン・デュマといった一連のポルシェのテストドライバーが来館者の望みに応えて参加しました。 他のイベントでは、ポルシェデザイナーたちが自らの創造的な作業を紹介し、展示会を架空のデザインスタジオへと変身させています。

イベントの最新情報に関してはwww.porsche.de/museumをご覧ください。

next item
これまでの催し物