走らせるにはあまりにも貴重な一品: 910/8 ベルクスパイダー

ワークショップ

これはこのままで良いのです。 当時は鮮やかな色として輝き、今は塗装が風化してしまった赤銅色のフロントフード。 すり減ったシートシェルと当時のフロック加工の面影が残るファブリック。 インジェクションポンプのモーターにぶら下がったワイヤーフレームと歯がすり減ったカムベルト。 これが真実の姿であるため、このままで良いのです。 まさにこれこそ、910/8ベルクスパイダーのメッセージでもあるのです。 真実。 オリジナリティ。 止まってしまった時間。

「この状態に手を加えることはありません」と、ポルシェ・ミュージアムの車両管理責任者であるアレキサンダー・クライン氏は語ります。 「手を加えてしまえば、この完璧なオリジナリティを破壊してしまうことになるからです。」 この言葉は、あらゆる機能にも該当します。 エンジンはもはや稼働する必要はなく、レーシングカーが走行することもありません。 「私たちは、この車のステータスを走行可能であるというステータスとは切り離して考えています」と、アレキサンダー・クライン氏は述べます。 「ベルクスパイダーは義務を果たしました。 この車は走行できることを証明したのです。 そして優勝したのですから。」

next item
レーススケジュール
previous item
911(901)No. 57