911(901)No. 57

ワークショップ

ポルシェのコレクションに、最も古いエルファーであるポルシェ911(901)No. 57が加わりました。 この赤いクーペは、スポーツカー最初の量産モデルの一つであり、モデル名901として1964年10月に製造されました。 その50年後、ポルシェ・ミュージアムは偶然発見されたこの貴重な自動車を買い取り、本来の状態へと復元しました。

新品交換より維持: オリジナル部品の時間をかけた復元作業

買い取る際に重要となったポイントは、以前の911のまま、復元されていないことでした。 これは、ミュージアムの専門技師にとって、スポーツカーをできる限りオリジナルに忠実に再現するチャンスでした。 錆に浸食されたスポーツカーのボディを再び当時の状態に復元するまで3年を要しました。 エンジン、トランスミッション、電気系統そしてインテリアも同じ信念で修理されています。 部品や残った断片を新品に交換せずに維持することが、基本的なコンセプトなのです。 この時間と費用のかかる復元方法は、ポルシェ・ミュージアムの原則的な姿勢であり、歴史的に重要な意味を持つスポーツカーの復元に長期を要する理由でもあります。

 

next item
910/8 ベルクスパイダー
previous item
ミュージアムワークショップ